建国記念日

今日は建国記念の日、玄関に国旗掲揚、最敬礼。朝陽が眩しく輝きます。国旗が巷に掲揚されなくなって久しい時間が過ぎました。国破れて山河在りとは言いますが、国が有ってこそ、私たちの生活の安寧が図られること、安定した生活が営まれることが国会議員レベルで理解できない人々がいることが真に思いやられます。

少年野球の卒団式に参加して思うこと、これらの少年に栄光の未来有れ、日本を栄えさせ世界の平和と繁栄に貢献できる人物を目指せ、例え市井にあっても己の責務を自覚し、役目を果たすことに喜びを感じる“”大丈夫たれ“”願わずにはいられませんでした。

続いて天満宮建国祭、ここにも国を思う人々の営みがあります。日常の己が担う一コマ一コマを全うすることの大事さを痛感しました。天満宮は創建350年本年斎行します。若手の役員が予定された事業の実施に取り組む姿は頼もしい限りです。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map