年の瀬、今日も議会は動いています。

議員提案「仙台市防災都市推進条例」骨子説明会、共産党会派が離脱する中、着々と作業は進んでいます。今日は、市民説明会が開催されました。二部屋通したLパークセミナー室には市民、議員参集、半分くらいの入りでしょうか。

骨子説明の後質問に移りましたが、当初は市政に対する批判的な立場の意見が口火を切りましたが、結果は納得までは行かないまでも、一応理解はして頂いたのではないかと思います。完璧を期して取り組んでいるものの、まだまだ練れていない部分はあるものです。指摘しようとすれば、幾らでも未熟な部分は見つかることでしょう。

大事なことは、一歩でも前進しようとする問題意識と祷熱、解決に取り組み実践そして継続しての努力だと思います。人生に通底する真理だと私が思う、情熱、実践そして努力、質問者の質問内容からその人の人生観を垣間見ることが出来る、と思うのは嫌らしいかなあ(;^ω^)

条例案提案の意義を認めた上での意見陳述、スマートだなあと思いました。これだと誰でも構えずに心を開き聞く耳も持てますネ。相手に意見を取りれさせる、高度な技、とお見受けしました。今後この手法生かさせていただきます。敬礼。

反省点はあるもは当然、大事な一歩を歩んでと感じます。チーム鈴木、頑張れ。議会に戻り、政務活動費の二回目会議の準備、地元に戻って地元課題に対する取り組みの打ち合わせ、そして日が暮れてからの年末の挨拶を兼ねた道場巡りと流れるような動きで帰宅は九時近く、良い一日でした。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map