年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず

定例会である予算議会が開催され、出張が続き、特に寒さが厳しい日は辻立ちを休んだりしているうちにあっという間に四月を迎えました。しばらく会っていなかった皆さんと久しぶりに朝の挨拶が出来ました。

暫らくの無沙汰にもかかわらず、何ごとも無かったかのように自然に挨拶を交わす方、態々近寄って近況報告を頂く方がいる一方、何時もの時間通過しない方もいます。転勤か、退職かはたまた・・・信号が変わるごとに流れが変わる車、人に向かって四方に挨拶の手を振りながら些か心配勝ちの想像をめぐらします。

年々歳々人同じからず、ですね。斯く言う私も変わって見えるのかもしれませんね。日々新、日々成長の精神で今日も一日をスタートしました。保育園へ通う女の子、お父さんの自転車の前の椅子に座って手を振ってくれていましたが、今朝は自転車の後ろに設えた椅子に座っていました。

大きくなったんですね、ちょっと不機嫌な表情でしたが、精神的にも成長して自我が育ってきたのでしょうか。子供の成長は、破竹の勢いに例えられるほど早いものです。不機嫌な表情は成長の証でしょうか。明日会えるのが楽しみです。

午後から議会で来客応対と行政への依頼ごとの処理に当たりました。人事異動二日目、こちらも人が変わり当方も戸惑いを感じるところ大です。行政の継続性に心しながら、暫らくは緊密な連携を図る事にも意を注いで行かねばなりません。

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map