常任委員会

仙台市議会定例会15日目、常任委員会が開催されました。付託議案は8件です。継続審査をして来た、議7号は継続審査の提案をして、満場一致で賛成を得て継続、職員定数、特別職、職員の給与関連の条例変更は問題無く了承されました。

今議会で議員提案された、防災都市関連の条例は、提出者の説明の後、共産党議員から数点質疑が行われて最終的には共産党除く委員の賛成多数で採択、本会議での採決を待つのみになりました。

今回提出された条例案は、災害発災時に自助、協助そして公助とこれまで行われて来たことを明文化することによりお互いの役割分担を確認する意味があります。

これまで以上に市民の負担が重くなったり、仙台市が本来果たすべき責務を軽くするものではないのです。

反対会派はこれまで行政の果たすべき役割と責任を更に求める立場で議論をして来た関係もあるのでしょうか、共同提案に参加して貰えなかった経緯がありました。

それぞれの考えがあり、議論を立て交わして良い解を求めるのが議会、これはこれで了と思わねばなりません。

 

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map