常任委員会定例日

仙台市議会では年四回開催される定例会の間、月一回のペースで常任委員会を開催します。月末、報酬支給日が定例日になります。基本的には21日前後、今月は18日、つまり今日というわけです。常任委員会開催日は、会派所属議員が必然的に出席しますから所属議員が総会を開き議会の動き、課題事項についての意見交換が行われます。

今議会で検討されているのが一つは改選を来年に控え、県議会選挙、市町村議会選挙の統一の問題です。仙台市議会からの提案で、岩手、福島の両県と地元県議会でも話題にして頂いていますが、夫々の事情もありなかなか一致してというわけには行かないようです。

難しいことは鼻から予想されていたことではありますが、会派会長の経過報告を聞く限り実現は極めて難しいようです。やるべきこと一つ、只管ベストを尽くすことで統一の道を模索する、ということでしょうか。仙台市議会が動くということの影響の大きさ、別の言い方をすると他の自治体に及ぼす影響そこから生まれる様々なリアクション、警戒感あるいは反発にも配慮しなければなりませんね。

会派総会では私自身の視察そして研修報告の時間を頂きました。研修の資料もコピーして会派メンバーで利用できるようにいたしました。もちろん関係当局にも資料配布の上、要点をレクチャーしてあります。

政務調査費の活用については様々な指摘があり市民の注目が集まっています。当然のことながら有効に活用するために創意工夫を常に心がけて行きたいものです。

正月に向けて、吊るし雛の製作に取り組んでいます。出来上がりが楽しみです、加藤先生宜しくお願いいたします。

m(._.〃)mお願いします。

 

 

IMG_8796 IMG_8797

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map