市議会議員は神出鬼没

今日は、午前一番、宮城県土木事務所、夕方最後は富谷市役所、間を挟んで市役所ヒアリング資料請求をしていた二局からヒアリング。仙台市役所は市民生活百般に関わっています従って、議会もカンターパートナーとして市役所にとどまらず国県必要であれば他自治体まで出かけて行って仕事を進めます。

どの役所も敬意を払って下さり対応して頂けるのは、仙台市の存在感が大きいと思っています。基本的には、お互い様、が基本。仙台市が他自治体組織に如何に貢献できるか、その可能性が広がれば協力して頂ける範囲の広がりと協力の深度は深まっていくことでしょう。

結果仙台市民の福利の向上に繋がるのであれば、他都市との連携に力を惜しんではいけません。連携中枢都市制度を生かすべきと主張する所以はここにあります。市長頑張れ(-_-;)市議会議員はどこにでも出かけます、(`・∀・´)エッヘン!!

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map