市民センター祭り

宮城野区中央市民センター祭り、Mフェス、が開催されました。第四回を迎えるこの企画、良い感じで運営され軌道に乗りました。

三階までのセンターに用意された各部屋が犇めくようにブースが並んでいます。迎える側の出展者、訪れるファン、そして関係者間に感じの好い空気が醸し出されています。

顔ぶれを拝見して見ても、地域の様々な立場の人々が関わっているのを感じます。嘗てPTA活動で一緒だった方が、卒業と同時に姿を消しそのリーダーシップの才能を勿体ないと思ったものです。家庭に専念することになったと聞いていたのですが、出展するほどの腕を磨いていたことを知りました。町内会役員さんが、見えないところで“”新しい顔“”を作っていたことも知りました。

地域のリーダー不足、役員の後継者難、役員の高齢化が心配されて久しいのですが、当然のことながら、地域の皆さんの活動範囲は限定されるわけでなく、活動の拠点として市民センターが大事な役目を果たしているようです。勿論、地域外の方々も大勢参加する市民センターの活動、地域を越えた触れあいで“”新しい人間関係“”が生まれているようです。

市民センターの役割を支える人、もの、の充実が必要です。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map