市役所若手おそるべし

交通局、まちづくり未来局そして議会事務局幹部職員、と連続しての面談。要請、ヒアリング、打ち合わせとそれぞれ案件の違いはあるものの、単なる事務方を超えたブレインワーキングそして当事者意識更に職務に対する責任感が伝わります。

見事ですね、同僚議員諸侯も頑張ってはいるのですが、うかうか出来ませんよ、ご同役、というところです。議員は市民の代表として、行政のチェックと同時に“”指導“”もあると思っています。

指導には問題意識持っていることを前提に、見識と知見が必要です。加えて常に新鮮な情報と課題に対して解決のための有効なアイデアの提供ができるかどうか。

そのためには、常に研鑽、現場を踏むこと、自分自身のアップデートなどなど、常に汗を流し続けることが求められる、と私は考えています。その為に使わせて頂く政調費、明日から缶詰の研修に飛び込みます。

スピード感一杯の若手幹部の働きで市民は喜び、私も嬉しさいっぱいそして敬愛する後生の刺激を受けて更に“”若々しくそして雄々しく“”(^_^;)頑張るエネルギーが生まれるのです。皆さん、誠に有難うございます。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map