定点観測

一泊二日の南東北周遊、定点観測、道は良くなりましたね。宿は元気な高齢者が目立ちました。客層に併せて特化し成功を収めて居るホテルの存在を」目の当りにしました。老舗ホテルが元気がなくなったいるのを憂いる一人として、全国に見られるホテルのグループ化は時代の要請からくる必然なのかと思うようになりました。

過去に拘らず、時代即応、民間で普通に行われている,M&A、行政も別の世界のことではなくなってきています。民間と行政はよって立つところ、その責務は異なりますが、徴税権の執行で強制的に税金を収めざるを得ない民間の納得できる行政ができるかどうか問われます。

世に流布される起業家マインドを生かした行政そして政治が果たして結果として、全体の奉仕者であることを求められる市民の福利の向上をもたらすことが出来るのか、そのリスクを慎重に考えることが重要であると思います。

連休明けの平日とは言え、車も人も少なく高齢者の姿の目立つ観光地にこれからの仙台を思います。ところで、動きが出てきて様ですね仙台市長選関連。選択肢は多いほどいいと思います。批判など気にせず、出でよ勇者。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map