定例会最終日

愈々最終日、議会運営委員会、会派総会そして定刻一時、本会議開会、付託議案について各常任委員長から報告、健康福祉委員会39分、他は短時間で終わったのですが、長引いたのは、件の特区関連。

国の特区制度を利用した保育園の運営主体の杜撰経営、疑念が解消されないまま最終日を迎えることとになりました。昨年行われた市長選挙がらみの視点もあって、暫く尾を引きそうですね。

議会終了恒例の会派打ち上げ、食事会、和気藹々、次に繋がることでしょう。市長そして議員、選挙で選ばれたもの同士の責任は重大です。市民から託された職員の“”監督指導“”の責務を果たしているかなァ、それぞれの責任で自戒と精進が必要です。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map