始めの初め

市長選挙に向けての準備が本格的に始まりました。仙台市議会現職議員が30名を超えて結集し支援の会をつくることになりました。自民系公明党そして民進党系とウイングがひりがっているのが特徴か。

体制ができて有権者への浸透への準備が整いました。知名度をどう上げるか、大きな課題ですが、伸び代、と思えばやりがいがある仕事、市長選挙経験者の立場で言えば、取り組めば取り組むほど結果が目に見えてくるのですから。

あとは候補者個人の問題になります。白いパンタロンにネッカチーフ、髪型変えて有権者にアピールという武器は使えません、ナンノコッチャ(知る人ぞ知ることですが)説得ある政策アピールで勝利を勝ち取って欲しいと思います。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map