大阪研修中

昨日から大阪に滞在中です。この巨大都市大阪、駅周辺の集積が凄すぎです。道行く人に道を尋ねても三人に一人、親切乍らも自信なさそうに教えてくれます。上りさん?たる私は右も左も分からないわけで、頼りのスマホの地図アプリも読み取り方が難しいところです。

幸い研修会場が大阪駅周辺、取れた宿も御堂筋線沿線、駅至近ということで移動は比較的楽になりました。何しろ最寄駅から一分ですから。時間の余裕のないところで、出張が決まり私からのリクエストに応えて宿をとってくれる家内には感謝です。

昨日の研修は有意義なものにになりました。議会と議員の役割について改めて勉強し直すことが出来ました。時代は大きく変わり、議会と議員に対する社会の要請と議会の役割と責務が大きく変化しています。ベテラン議員の傾向の一つ、議会はこんなものだと言う自己の経験則からの判断基準は文字通り時代遅れ、ややもすると議会にとって邪魔な存在になりかねない、と思います。

講師の甲田先生は、自治官僚出身、弁護士としても学者としても地方自治との関係を強く持っておられる方でした。❝官僚らしからぬ❞面もおもちで、法律案の時の国会議の対応など興味深いエピソードなどを薬味に充実した講義を聴講することができました。

今日は「防災・危機管理における地方議員の役割」がテーマです。震災時仙台市議会は、何を為すべきだったのか、在野で厳しい眼差しを注いだ一人として講義が楽しみです。

太陽の陽射しが強くなって来ました。そろそろ時間です。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map