大阪市会一問一答

研修は無事終了しました。防災と危機管理における地方議員の役割をテーマにした今回の研修、講師が自治省出身の甲田教授ということで関連する法律の意図することを起案者から直接聞けたことが最大の収穫でした。

地方議員の活動についての法解釈そして運用につき巷間流布する理解が誤っている、言い過ぎであれば言い換えて、もっと能動的に活動できる、と言うことです。

地方制度もどんどん変わってきています。地方団体そして地方議会の果たすべき役割、活躍することを期待していると解釈すべきなのだと言うことです。首長と議会の二元性が新たな時代を迎えていると改めて認識しました。

続いて午後開会された大阪市会本会議傍聴をしました。本会議三人が会派を代表しての一般質問(仙台市議会は代表質疑)与党である維新会派、野党である公明党、そして自民党の三人が質問に立ちましたが橋下市長との丁々発止のやり取りは、新鮮で飽きさせないものがありました。

一問一答形式は仙台市議会も取り入れていますが、先を進んでいる感じです。参考にする点が大いにあると感じました。橋下市長の答弁も❝デイベートの天才❞と言われるだけに、許されていない反問権さながらの切り返しに傍聴側から見ると橋下市長に軍配が上がる、そんなやり取りに感じました。

制度とプレーヤー相まって、改革の意図した実効が上がると改めて思います。公選で選ばれた市長と議員のやり取りが大阪市会本会議のメインです。局長は質問者の議員に指名されて始めて答弁すことも新鮮でした。調査を深めていきたいと思います。愈々仙台に戻ります。KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map