大晦おおつごもり

大晦日も残すところあと数時間、一階の部屋は娘夫婦に明け渡し二階にパソコンを持ち込んでメイルチェックをしています。紅白歌合戦を見なくなって何年経つでしょう。実はチラリと見てはきたのですがテレビの前に座り込む気になれずまた二階に上がって来まし今日は友人が訪ねてきてくれました。

辛酸をなめた経験を持った友人です。今はすっかり立ち直り経営する会社も順調に運営されています。店舗展開も着実に増えていて買収する予定もあるとの話でした。将にご同慶の至りです。

振り返れば準備不足のまま正義感のみで戦った仙台市長選、多くのご支援を頂きながら落選の憂き目を見てから五年経つのでした。失意の時に支えてくれる友人がいたお蔭で何とか再び仕事が出来るようになった分けで、訪問の用件が済んでの話題はひとしきり経験から得た感慨の披露になりました。結局は、何と有難いことか、ということ感謝に尽きるのでした。

私も来年は市議会議員の任期満了の年になります。失意から立ち上がって走り続けた三年余り、寸暇を惜しんで視察研修そして質疑準備と取り組んで来ました。成果は小さいながらも積み上げてきたつもりです。と言って誇るつもりはありません、もっとやれたのではという思いが強く残ります。

かつて尊敬する方から博さんは「松柏木」の性ですね、と言われたことがあり常に心に残っています。貫き通す性格なのだそうです。それだけ摩擦も起こるわけで、実感するところです。今は吹っ切れて、松柏木の性を存分に発揮しようと思っております。

長いものには巻かれろ、その時の強いものに寄り添うことが日常の社会そしてその典型である政治の世界にあって生き難いことはその通りですが必要な存在でもあると確信するに至っています。来年はフルスロットルで突き進んでいくつもりです。

とはいっても還暦を過ぎたベテランでもありますので、若い人を大いに励まし後押しすることも忘れずに心がけて行きたいとも思っています。この拙文を目にする皆さんに心からこの一年の感謝と今後の叱咤勉励をお願いいたします。

20141228_045610000_iOS

我が家の庭の松、仙台港開削の折、大家さんが移植したものです。見事に根付いてみごとな緑で癒してくれます。

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map