大地の恵み

夜九時電話、師範からでした、これから訪問したいとのこと。この時間まで農作業を続けての帰宅途中、わざわざ収穫のお裾分けをお届け頂きました。

ジャガイモ、小松菜、サヤマメ、山東菜、葉付きのカブそして香り香ばし紫蘇の葉等々さっきまで大地根付き成長をしていた命です。 早速水洗いして台所のシンクに水漬け、紫蘇は根が付いているので庭に植え直して折々楽しむことにしました。

まだ早い春のうちに、種蒔きをして苗を育て、土を耕して床を作り雑草を抜き水やりを心配し如何に丹精を込めたことか。 折々作業の様子を聞いていたものとして、収穫のお裾分け、値千金の重さです。

世間では休日の今朝も三時半目覚めました。階下に降りるとまず台所に直行、シンクでは水漬けの野菜たち元気いっぱいでした。昨日自宅に入った新生児もスヤスヤと眠っています。

今日も一日、防災訓練視察、鹽竈神社での会議そして地元交通安全、防犯協会の総会と会合を巡ります。

新たな気持ちで再スタートです。 津波による塩害が心配された海岸沿いの水田も回復していると言う報告を受けています。

自然の力は偉大ですね。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map