夏の終わり,新たな始まり

夕方から五件の夏祭り、最後のピークで祭りはこれで終わりに。梅田川沿い、都心、仙台東端と結構広いエリアをバイクで駆け回りました。最近は特に挨拶の機会を設けて頂くわけでもなく、来賓役員兼用テントでお茶を頂き、役員さんや隣り合った方々専ら四方山話をするだけです。

それだけのために忙しい思いを、と考えないわけでもないのですが年に一回くらいしか会えない人との出会いがある場合も。従って疎かにできないのが、夏祭りめぐりと言うわけです。

今回も出会いがありましたし、面と向かって改まって出来ないことを気軽な雰囲気の中で伝えることが出来ました。 祭りの醸し出す解放感、浮き浮きした空気感、大事ですね、改めて実感です。

明日からの研修、日曜土曜と言う日程、休日を挟む研修、これも珍しいですね。早めに到着して取り組みたいと移動も工夫をしました。会場になる財団法人全国市町村研修財団 国際文化アカデミー(全国市町村国際文化研修所)は滋賀県大津市唐崎にあります。

比叡山の麓、湖西線沿いにあります。私にとってはファーストビジット。どんなところか楽しみです。 学長を務めるのが、田中健氏、仙台市の財政局長を努めて下さった方です。お互い若かりし頃でした、飲めない酒に付き合ってくれた好漢です。

こんな気持ちで取り組みます。

34151675_o1 写真を見るところ風貌は変わってはいないようですが、会えることがまた楽しみです。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map