変身

新庁舎の建て替えの準備は着々と進んでいます。市側は専門家会議で中間まとめ案を策定し、仙台市民のパブリックコメントを求める段階に入りました。

元論、中間案には議会側の市長諮問に対するまとめも、100%の形で入っています。重ねて、仙台市民の参加の公開の場を設ける報告もありました。広く声を聴取する大事なことです。

今日は議会側の特別委員会を開催し、今後の進め方について協議をしました。先進都市の視察を実行することで了解を得て、今後の進め方についても基本的な了解を得たところです。

仙台市は、学校の建て替えも複数進めています。私が関係する小学校も児童数の増加と共に新校舎の増築をすることが決定していますが、新築に取り組む体制で建て替えに取り組んで貰うよう、要請しているところです。

学校父母教師会そして広く地域の意見を聴けるような取り組みに繋がることでしょう。この数十年で行政の進め方は大きく変わりました。公明正大がキーワード、市民協働が時代の趨勢です。時代錯誤のボス政治の時代は終わったと思っています。嘗てのボス政治に慣れた方々は、やり難くてしようがないでしょうね、もし居ればの話しですが。

さて今日も経済人の会合で市長Now、が話題になりました。サポートしたものの、厳しい意見が出てきているようですね。サポートしきれない感があります。もしかすると、何やら蠢く何か、(魑魅魍魎か妖怪か、或は幻か、得体はまだ知れません)、があるのかもしれません。

どうするのかなァ。新しいステージに入っているのですから、ヘンシーン、のチャンスなのですが。人は自身の決断でしか変われない、否、決断次第で変わることが出来るのですが、それも意外に簡単に。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map