地図の無い旅

初めてのコンセプトでの短い旅、収穫がありました。最後の締めはロングドライブ、ヤフーカーナビを利用して一路自宅に進路を。ヤフーカーナビ運転診断機能は優れものです。何時の間にか高得点を期待して安全運転に只管務めるようになりました。今回も出ました高得点84点。加速の安定性、減速の安定性、コーナリングの安定性、ハンドリングの安定性そしてふらつき運転の安定性は満点の20点、“”ふらつきは無し“”私の今の心境そのものです、エッヘン(*⌒∇⌒*)テヘ♪

夕方から会合一件、職員表彰式と慰労会、出席者三百人余り。今時これほど会社を挙げて“”慰労会“”を開催する会社、否、開催できる会社も珍しいのではないかと思いますがどんなものでしょうか。経営陣は、会の始めと締めに役を果たし、後の進行はすべて職員、目玉の出し物、抽選会、盛り上がるのは毎年予定通りです。今回も熱気と感動の余韻を残しお開きになりました。

東日本大震災発災から5年5か月経て仙台市の復興計画も完遂、日常に戻ったように見えます。震災前青息吐息であった建設業界も復興特需も一段落、改めて淘汰の段階になっているようです。裾野の広い建設業界とも関連のある企業業界も又厳しい競争の中に置かれた状態にあるということです。

政府の経済政策も頭打ち感があり、消費者の購買動向も弱含みの状態が慢性化して地方の経済もパッとしない状況の今日です。国内外の旅行者を呼び込もうという作戦も数は増えても消費する額は手控え気味と言う状況と聞きます。さて、さて、どうしたものか、何時もなら持論展開やぶさかならずの身近にいるはずの“”経済通“”の声をも聞こえては来ません、何してんのかな今。

唐突ですが、政治も経済活動も自己目的化して肝心なことが欠けている気がしてなりません。このところを改めて見直すことから始めないと解決の緒に就くことが出来ないのではないかと思うのですが。何のことかって、問われれば、一言“”志こころざしの問題“”と答えます。今日本中に蔓延している目的と手段のごちゃまぜ状態を日本人は自覚して脱出せねばなりません。ナビに頼らず自立自尊の覚悟を持って。

 

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map