地元盆踊り

地元体育振興会主催恒例の盆踊り大会が開催されました。午後早い時間から新しいイベントが行われ、子供たちで賑わっていたようです。マンネリを避け新たな取り組みが行われることは歓迎です。後は改善と継続、これが大変な取り組みになる分けですが衆知を集めて取り組みたいものです。

事務局への挨拶と地元商店会出店のテントを訪問して、ビールとウインナを求めて一休み、商店会メンバーのご婦人二人が焼き上げたウインナーは絶品でした。ビール、つまみになる焼き物は言ってみれば盆踊りの楽しみ、一時禁止になった時期もありましたが地元の要望で復活その恩恵を今味わっているわけです、感謝。

主催者のご厚意で櫓に立って皆さんにご挨拶、見渡すと意外に人が少ないことに気づきます。都市化現象が顕著な地域だけに帰省している住民が多いことがわかります。時機を面したり、開催日を延ばして二日にしたり主催者の努力は並大抵のものではありません。

参加者の劇的増加の特効薬は無し、ですね。先ずは継続、継続は力なりです。盆踊りの輪に入り櫓の周りを一回り、小学生の一団が寄ってきて“”ひろしだ、ひろしだ、本物だ“”応えて手を振ったら、慌てて逃げていきました。

何かほっこりした気分、おんちゃんがんばっからね、君たちが伸び伸び誇りをもって活躍できる世界をつくるからね。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map