叩けよさらば開かれん

たたけよさらばひらかれん【叩けよさらば開かれん】
 

ひたすら神に祈り,救いを求めれば,神は必ずこたえてくれるということ。新約聖書マタイ福音書七章にあるイエスの言葉。
迷わず積極的な行動をとれば,おのずと道が開ける。

大辞林 第三版 解説から

昨日はオートバイが大活躍してくれました。午前十時青葉区役所副区長室、夏に開催予定の全日本ジュニアダンス大会の準備で主管の連盟会長と同行、取って返して葬儀告別式法事、法事終了そこそこに議会に取って返して来客応接そして市民局長との打ち合わせ、その間自民党パーテイー券の頒布、これらを限られた時間でこなすにはちょっとした工夫が有効になります。

自宅と市役所とは片道六キロ、歩くと35分、車ですと20分弱、オートバイだと15分弱、自転車だと・・・20分程度。他の地域に住んでいる同僚議員に比べると、地の利は格段に恵まれています、私の場合。

閑話休題、すべては順調に回ってすべて無事終了、次の展開にスムースーに繋がって行くようです。が、市民局長との打ち合わせ事項3項目はこれからというところです。全て仙台市としての決断、市長の考えが方向性を決定する大きな課題が含まれたものばかり、さてさて、市長に直接質さねばならぬことになりそうです。

市長が再選の際幹部職員に業務を進めるにあたり要請したことの中に‘’挑戦‘という言葉がありました。これまでの延長線上に未来はない、と言う点で全く同感でしたが、さて今現在職場で、挑戦、が行われているのか疑問があります。

平穏無事、事なかれ、波風立てない職場環境がありはしないか、前より増えていないか心配です。リスクをおかす覚悟を持った職員の実践行動を促すためにも、ここでもう一度職員に向かって‘’、挑戦、を促すことが必要です。

市長自らが範を示しつつ、‘’叩けよさらば開かれん‘’見よ我が実績を、と宣言する姿を思い浮かべています。ジャンヌダルクの出番です、草葉の陰でそう願っている人の声が聞こえます。

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map