原点

人生には振り返ると私には“”原点“”とか節目とか思える出来事があります。改めて考えると私には幾つもあるようです。それぞれ立ち会ってくれた人々の表情、言葉がカラ-で音と付きで記憶から蘇ります。24日はそんな節目の一日でした。実践倫理宏世会東北大会記念式講演会に出席しました。

会場の青森県前田アリ―ナはフロワ-の椅子席をメインに一杯の参加者で埋め尽くされました。会長が変わって初めての東北大会とあって準備にひと際大きな力が注がれたこと思いましすが気負いはななく、例年と同じく整然とした入退場、一部の隙もない進行は見事なものでした。

テーマは一つでも学び取ることは人それぞれ、抱える課題、心の熟成度(-_-;)によって変わってくると思っています。今回の私の学びは、省みて我が身を正す、かな。登壇する講演者はこの道の先達であり学びの頂点を極めようとする人たちばかりです。その人一人ひとりが自分の至らなさとそれに対する実践による対処を大聴衆の前で具体的に披露して実践と更なる精進のと決意を共有する、問題意識を持つ人にはとても良い機会です。

7年前、市長選に出馬敗れて落魄の時に、強く促されて参加したことが再出発の原点、人生の大きな節目となりました。今や私の取っては、垢落とし、でもあります。三代目になる会長さんも、修身斉家治国平天下、挙げてご挨拶をされていました。修身、これが私にとっての取り組むべき課題、道遠しですがコツコツと歩みます。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map