励まし

九月定例会を目前に控え議会活動も動きのピッチが上がってきました。それに応じて行政側も打てば響く反応を示してくれます。十時に国保運協の事前調査の約束で議事堂ロビーに入ると、街づくり政策局幹部が待ち構えてくれていました.仙台市のグランドデザインである基本計画の見直しを控え市長の公約である「政策形成過程の透明性」をどう確保するのか、について問題提起をするよと言う事前アナウンスに反応してくれたのでした。

そのまま会派に入り、私見の意見開陳応答となりたちまちに国保約束の時間はとうに過ぎ途中切り上げてそのまま待機していた国保運協事務局と打ち合わせ、来客対応陳情受付、こども未来局の幹部のアポ無し来訪対応、建設局幹部との陳情に係る意見交換調査の依頼と流れるように仕事は進んで行きます。

復興事業局、財政局と連絡を入れると関係課長皆外部会議に出かけていました。行政も激しく動いているようです。動いていないように見えて、しかし水面下では激しく動いている、水鳥の水面下での水かき、を思い出します。

4時過ぎ急いで帰宅して身支度を整えバイクにまたがって,紅陽グランドホテルに向かいました。全日本レデイース決勝大会を明日に控え開会式と夕食会が予定されているのでした。

震災復興を祈念してわざわざ仙台を会場に選んで頂いたと言うことです。全国都道府県の大会を勝ち抜いた選手でさしもの広い会場もすっかり埋め尽くされています。歓迎の言葉を述べる私も挨拶に自ずと力が入ります。

復興計画開始から4年目、正念場を迎えたこの時期に全国から参集した皆さんの,女性パワー挙げての応援に感謝です。心からの歓迎と感謝復興に邁進することを誓って私の役目を果たすことが出来ました。

明日から二日間熱戦がコートで繰り広げられるます。良き戦いをそして良き思い出を、心に残る仙台でありますようにと切に祈ります。

20140819_091207000_iOS 20140819_113320000_iOS

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map