初心に戻ることができるか

今日は定例の朝礼に参加、職員の皆さんと共に学びのひと時を共有しました。今回は、初心、が学びのテーマ、直属の上司が新たな学びをしている姿に触発された主人公が、自分自身もチャレンジしたことからの気づきをテキストのしています。

年齢を重ねてくると、成功失敗を通じて社会経験を積むことになります。人生を切り拓く武器となることも有りますが、思い込み独りよがりになる危険もあります。団塊の世代の最後の世代の背中を見続けてきたものとしては、考えること大です。

自信と競争心、闘争心を持ち社会の中で一定の地位と成果を収めてきた先輩方、どちらかと言うと社会を斜めに見る人が多いと感じます(偏見かな)。斯く言う私も、25年生まれ、殆ど団塊ですが、謙虚に慎み深く、をモットーにしています。

常に我が身を顧みて、互いに敬い助け合い、社会の為に尽くします(中村元先生朝の誓)初心に帰る努力をこれからも続けたい、そう誓った朝でした。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map