再生の時

講演会、沢山の人が集まっていました、盛会でした。関係者の一人、同僚議員の心配は杞憂に終わった、最後の踏ん張りがあったからでしょう。ご苦労様でした。

講演者の櫻井よしこさんのお話をお聞きしながら思いました。何故ここまで日本政治は劣化したのかと、櫻井さんは政治家の批判は一切されなかったのですが。

反日教育を公然とする中国、南北朝鮮に対して敗戦後長い期間にわたり一片も抗議もせずにいた結果結局あたかもその批判が正しいかのような評価を世界に定着させた責任は大きいものがあります。

かと言って今となっては責任者の詮索も虚しいことの積み重ねに終わるのは目に見えています。さてこれからどうするか、今どうすべきか、答えは分かっています。今必要なのは実践です。それぞれの立ち位置で声を上げ行動することです。そう思っています。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map