元朝式

朝五時開式の元朝式に出席、私の年中行事の元旦恒例の行事です。仙台市長、国会議員、県会議員そして仙台市議会議員が来賓としてて列席します。

昨年は、仙台市長選、そして続く衆議院選挙と競い合った人々が、当選落選の別なく共に席を同じくして新しい年の誓を共にする、素直に、素晴らしい、と思います。特に意図したわけではないながら、場を設けてくれた倫理宏正会、そして新たな気持ちでこの場に臨んだ関係者に敬意を表する思いです。

政治家は、現役議員であってこそ力を発揮できるという現実がありますが、野に下ってこそ見えるものもあるという経験をした私としては、捲土重来の気魄を持ち続ける政治家に拍手を送りたい気持ちです。

来賓を代表して、市長そして衆参国会議員の挨拶がありました。皆さん卒の無いまとめ方で流石、勉強になりました。市長の挨拶が、一段群を抜いて居た感じがします。ポイントを即座いにつかむ、感が良いですね(失礼ながら)。

市長にとって地方自治はこれからお勉強、と言う感覚で見る向きもありますが、意外に早い時期に自前の政策を押し出してくるかもしれません。議会側がどう対応するのか、議員一人ひとりの覚悟が問われる時期が間もなく来ると思いましたね。

恫喝、誘い、徒党を組む、足して二で割る政治、何でもありの世界ですがメインストリームは政策。引っ張られるか、引っ張ってゆくのか、主導権をどちらがとるのか、政策で勝負、こう行きたいですね。

 

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map