健全育成

学校まわり、社会を明るくする運動地区活動の一環として学校での講演会を開催していますが、その打ち合わせ。小学校、中学校とも開催要請を校長先生教頭先生快く受け入れて頂きました。

当地区は保護司、更生保護婦人の会が主要メンバーになっています。本務の関係で言えば、罪を犯して刑に服し社会復帰をする人の支援が主要任務なのですが、抑止の大事さも痛感しているところ、法務省が青少年の健全育成に注目し力を入れ始めたのは結構なことだと思っています。

この活動が学校の理解を得て始まって十年立ちます。青少年の健全育成に社会的要請があったからとも思っているところ。今年度から仙台市も仙台観察所と組織的な連携を持つことになっています。本格的始動というところです。

午後は終日議会での仕事、連休中に予定していた仕事をすべて着手できました。政務活動費の適正運用のための方策確立に取り組む検討会の事前打ち合わせも済ませました。いよいよ、目目前に迫った一気に六月議会の準備に入ります。

その前に市長選準備、候補予定者は現在三人、あと数人は出てきそう、名前だけの人もいるでしょうが。可もなく不可もなく、がキーワードになるのではないかな。そんな予感がします。

市政は市長がワンマンで動かす時代から、議会、市民が参加して動かす時代になっています。そうそう。身体検査合格、つまり健全育成に耐えた人、もキーワード、つまり可もなく不可もなく、身体検査で合格する人、かな。さてそれは誰だ、これは私の妄想ですが。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map