価値観のるつぼ

他人の厚顔無恥に腹が立つとき、ただちに自問してみなさい。「世の中に恥知らずの人間が存在しないということがあり得ようか」と。そしてそれに「あり得ない」と答えるだろう。それならば、あり得ぬことを求めてはいけない。


[マルクス・アウレリウスの名言|腹が立ったときにすべき質問] 世の中何かと騒がしい事ばかり、「河野談話」の真実が白日にさらされたと思ったら、某議会の実態?が露わになって世間の耳目を集めることになりました。

議会はいわば社会の縮図、価値観のるつぼ、様々な人たちの集まりです。決して聖人君子ばかりではない、(^_^;)否聖人君子は生き難い場所です。 いろんなことが起こりそして世間では考えられない裏切りやら讒謗やら、何でもアリの社会です

。しかしもちろん違法はありませんよ念のため。相手に腹を立てることは日常かもしれません。でもそれはお互い様、いちいち腹を立てていたら身が持たないし仕事になりません。

又議会のことは議会で解決するのが基本と思っています。 バトルフイールドを議会外に広げて果たして問題が解決するものやら、収拾つかないことになるのではと思っています。

何のお話し?もちろん今話題の「下品なヤジ」の話です。加えて申せば、人格を傷つける野次は外道だと私は思います。 ヤジを放った人が罪人になるのなら笑った人も同罪でしょう、知事も笑ったそうですが人間関係では経験豊富な彼の君、筋金入りの方ですからね今回の騒動どう見えているのか、感想を聞いてみたいものです。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map