休会三日目 ヒアリング続行

陳情会、二件午前中の実行、最近の市役所の対応を見ると市民対応に隔世の感があります。丁寧な対応が行われるようになりました。私自身が当事者と言うこともありますが、陳情会を設定し実現するまでには何度打ち合わせを背をすることになるか、結構な回数を重ねることになります。

実現出来るかどうかが最終的には問われますが、意思の疎通を十分図ることが前段で求められます。陳情者が自分の思いを十分に伝えたることが出来たという満足感を得て頂く環境をどう作り出すか、心を砕くポイントです。

今日の二件は、さてどうだったか、うまく実現に漕ぎつけるため、これから見えない努力を重ねることになります。予算が必要な案件は、財政と関係局の激しいやり取りが行われます。

陳情を担当する当局の熱心さがまず大事です。今回の案件はそこまで煮詰まってきました。攻め場所は見えてきました。イザ、本能寺へ、というところです。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map