任期二日目 雨降り

昨日は初めての会派総会が開催されました。控室が整っていないため議会の委員会室での会議なりました。22名の議員の総会は久しぶりです。これからの議会での立ち位置、議会日程の確認等々。

終了後、教育委員会、市民局からそれぞれ現況について報告がありしばし意見交換が行われました。教育委員会からはいじめによる自殺事件の経過と現況、市民局からは東西線関連事業に関しての記者の取材トラブル。対応の拙さから結果として行き違いです。地元紙記者が“虚偽答弁“”と記事にしたようです。

虚偽問題、新聞は“”じっくりと斜め読み“”なものですから見逃してしまっていた“”事件“”ですがこんなことがあったのか、程度、職員が記者クラブに行って事情説明しているのですが後の祭り、虚偽、とっ枯れるほどの悪意はなかったと信じたいところです。

改選前から何となく地元紙の記事の論調が変わってきたみたいな感じをしていたところです。特に市長に対して厳しくなってきているかなってな感じがします。返す刀で市議会にも(;^ω^)、てなことはないと思いますが、批判されて何ぼの政治行政です。襟を正し、身を正し精進潔斎の毎日を送る覚悟をせねばと思っています。

議会人事の華、議長副議長の立候補届出について会派内で話し合いが始まりました。届けた方がもういるようです。人材に事欠かない会派メンバー、何方が成っても支えねばなりません、何と言っても最古参の議員ですからね。

七ヶ浜町会議員候補の激励にお邪魔した帰りすぐそばにある松島四大観“しだいかん”多門山を訪れました。西日本で暴れている台風の影響で風があり海も灰色に濁っていましたが、さすが四大観の一つです。森を背にしばし海の気に浸っていました。椿は季節はずれ、かつて撮影した多門山の椿です。

 

 

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map