仙台市議会 一般質問最終日

一般質問最終日、質問者最後ノ21番目が私です。市民サービス充実の観点から、行政と議会の適切な関係維持の視点、市役所業務の一斉始業の戻すための支障となっている時差出勤の態勢の見直し、上司部下の意思の疎通に綻びが見られる例を最近経験したことからの注意喚起、市長の経済政策、消費税増税に対する考えについて、大きな期待が寄せられる地域支援本部の充実について等々。

議会の議員は静かに耳を傾けてくれました、淡々と読み進める原稿、本来は原稿から目を離して議員一人ひとりに目をやり、市長並びに幹部に睨みを利かせたり、同意を求めたりするのでしょうが、そこまではまだまだ。

登壇する直前まで、最後まで手を入れていた原稿ですが、登壇してからも端折ったり、新しい言葉を入れたり、それはそれで忙しく工夫をしながらの質問を今回も行うことになりました。

時間内に終了、先ずはお役目を果たし自席に戻ります。市長の答弁は、後程、ビデオ録画でご覧いただけるわけですが、今回の答弁の印象は“”剛“”、“”突き放し“”リーダーとしての自信が静かながら滲み出ています。弱い人の味方、という面も出して欲しい、そう思います。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map