仙台市議会定例会本会議再開

本会議再開、今日は登壇者二人、自民党会派、民主フォーラム会派です。一番の橋本啓一議員は会派幹事長勉強家汗をかくことを厭わない行動家です。質疑も提出議案に従って進め関連する市政案件にも綺麗に触れていました。質問時間の倍近い時間を要する答弁、流石です。

続いて二番目は佐藤和歌子議員、議会で群を抜く行動家、取り組み課題も群を抜いて多いとの評判です。厳しい質疑に答弁者側もタジタジの場面もありました。個性あふれ理質疑で毎回登壇を楽しみにしている一人です。

取り上げる課題、質問内容、質疑の仕方様々です。批判は簡単ですが、55人の議員の個性を生かすことを有権者は求めていると私は思う側です。結果にとう繋がるかが先ず大事です。評論家は議会議員にはふさわしくないのは当然、たどたどしくとも市民生活に根差した問題意識、真剣さと誠実さで行政に問いかけ訴えることが大事です。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map