仙台市議会予算等審査特別委員会総括質疑

予算審査も大詰めになりました。第一会派、第二会派それぞれの代表が質疑席に着きました。お二人それぞれ特徴ある質疑スタイル、こだわりのテーマを中心にぐっと突っ込むタイプの斎藤会長、会派質疑をなぞりながら女性らしい丁寧さで市長に迫る岡本代表、聞いていて興味深い議論になったと思います。

午前中は、政務活動費検討委員会を開催、議論のテーマは〟交付方法,に移りました。使用する言葉の定義の確認、現行の条例の元執行されている政務活動費の各会派ごとの執行状況、委員から会派毎に説明をもらいましたが、それぞれ独特の工夫があり興味深く思いました。

より良き交付方法について検討が始まりますが、各会派の良き点を参考に新たな気持ちで議論を重ねて行ければ良いですね。六月定例会を目安にこれから、時間を刻む、ような気持ちで検討会を開いて行きたいと考えています。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map