仕合わせ

実践倫理宏正会朝起き会登壇、菩提寺草取りそして八幡様例大祭、区剣道協会剣道祭り等々今日は“”心“”“”精神“”“”道“”“”修行“”“”鍛錬“”キーワードは多岐にわたります。実践倫理宏正会の皆さんには大変お世話になりました。人生の中で受けた挫折の時期を乗り越える力を内心から湧き立たせるきっかけを与えて頂いたのですから。

思い起こせば7年前、準備も不十分の中、仙台市長選挙に出馬、落選しました。当時の現職市長の暴走気味の市政運営に危惧を頂いた上での私自身の議会発言からの当然の帰結、と自分で今でも思っています。応援頂いた皆さんには多大なるご迷惑をおかけしました。

勝てば官軍、巻ければ賊軍、の考えは現代でも生きていることを実感する毎日の中で、自宅を訪問して下さり大会へ誘って頂きました。これが政界復帰の再スタートの始めでした。八幡神社の役員も、区剣道協会も落選後の浪人時代も現職時代と変わらず遇して頂きました。政治を超越した世界である菩提寺でも、総会で檀家が出馬をしていることをそれとなく話して頂いたと後でお聞きしました。有難いことですね。

今朝の倫風講話のテーマは、前に進む「仕合わせ」でした。「仕合わせ」には我も人もの観点から共に幸福になって行くとの意味があります。落選を機に、多くの人々に支えられた人生から少しでも人様を支えることを喜びとする人生へ大きく人生観は変わりました。落選、浪人そして市政復帰という幸運に恵まれた私にとって「仕合わせ」は生き方の基本になっていることを確認する一朝になりました。
実践倫理宏正会

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map