今日も議会に、仕事は尽きず

昨日陳情頂いた件に付き、現場見聞。青葉区の公園を訪れました。久し振りに目にする公園の佇まいは、都心の言わばオワシスのよう、美しく整備されていて嘗て国鉄時代の殺風景な地区に在ったとはその縁さえ偲ぶことなどできないほどの変わりようです。

陳情の趣旨は周辺一帯と公園との有機的な連携を図ることによりさらに周辺住民オフィス在勤者の便宜を図れないかと言うことです。面倒くさい言い方をしましたが、要はもっと有効利用しましょうということ。

事務所で話を聞いた時にこれは大事だと直感しましたが、現場を踏んで更に確信しました。これは仙台市は協力すべきだと。議会で関係者と打ち合わせ、検討を依頼しました。

選挙管理委員会事務局長の訪問を受けて、委員会報告事項を中心に意見交換、改革の意気込みを感じました。「選挙事務の不適切処理」は社会の根幹を揺るがし全国を驚かす事件になってしまった仙台の名誉を回復するためにも一段の取り組みが必要です。

地元に戻り、社協理事会、総会に向けての議案審査、理事としての参加です。人柄の会長の為せる業か、厳しい指摘が幾つも出ましたが、角突合せにならず、直ぐ訂正できること、時間を掛けて取り組むこと、整理されて落ち着くところに落ち着いた感じで結果オーラいです。

長年当然と思って設定して使ってきた前提が時代に合わなくなって説明できなくなってしまっていることがあります。新しく入ってきたメンバーからの指摘を批判と受け取らず、改善のための良い機会と前向きに受けた執行部の柔軟さが光ります。

町内会の会議は参加者はみんな同じ立場、利害が絡まない分ちょっと間違うと激しい対立を生みがちです。お互い意見を尊重し合って異論大歓迎が大事ですね。疲れはありましたが、これを心地好い疲れと言うのかと一人ゴチながら帰路につきました。

IMG_7883

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map