今日も議会で仕事中

健康福祉局、政務調査日検討会打ち合わせ、技術管理室、健康福祉局社会課、環境局担当部長。ヒアリング、審議会準備、限りがありません。

仕事をすればする程、課題の根元に深く深くれサーチのメスが入っていきます。決して粗探しではありません。きっと担当者も気づかない、或いは立ち入りたくない部分に触れていくことになっていると思います。

元を正さねばダメ、というフレーズのコマーシャルがあったと思います。行政課題も弥縫策では問題は解決せず、先送り、結果は市民は“”困ったまま“”或いは困った市民が生まれてくることが続くことになります。

地方議員の仕事ぶりに対する厳しい評価があります。批判され評価される立場ですから仕方ないとして、本格的に取り組むとすると、専業化、は避けららないと思います。その上正式な助手いればもっといい仕事ができると思います。

批判さ得ることが常態化している現在はとてもいい出せる環境ではありませんが。いつの日か、できれば出来るだけ近い時期に検討の俎上にあげれれば良いなあ、と思っています。

 

 

 

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map