今日も流れるように

お昼を挟んで子供会、新入生卒業生の祝い会、コミセンの座敷が一杯になるほどの参加者、ご父兄込みですが。子供たちの元気な声は何か嬉しい気持ちにさせるものがありますネ。来賓として呼ばれて座った席で、お隣の役員さんと、孫を見る目になりますネ、ニコニコ顔で会話する自分が面白い。

そんな歳になったのですね。とにかく、この子たちの未来が誰にも邪魔されないように今の課題を解決するのが私たちの仕事と心を新たに決意をするのでした。

次は鹽竈神社での役員会、四月に迫った仙台千人講の準備です。一旦自宅に戻って準備をお祝い会場から自宅に続く横町の角を曲がると、ちょうどお客様が門の前に、お約束なしでしたが次の会合までの時間お茶を飲みながら懇談、良い話ができました。

反日、テポドン、捏造、デマ、対処出来ずにおろおろするだけの政治、これが変わらねばと思いつつ踏ん張ってきたこれまでを考えれば、大きな変化が起きています、今日本が変わろうとしている大事な時期、更に踏ん張らねば。

ごまめの歯ぎしりとも思いながらもまず一隅を照らす役を己の責務と覚悟の毎日です。と言う訳でお客様を送りして、鹽竈神社へ車を走らせ、役員会に間に合いました。

役員会に先立つ正式参拝は大事な儀式です。志波彦神社、別宮、本宮と祢宜さんを先頭に役員一同行列して参拝すると格別の思いになります。清々しい御参りが出来ました。蝋梅が咲き始めてとても綺麗です。今年も良いお祭りになることでしょう。良い一日でした。感謝。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map