今日も東奔西走

十時、国土交通省、県警、仙台市そして地元町内会長商工会長と立ち合い。交通規制の変更後実際運用してみると不都合が生じたため。一度決定したことを変更するのは容易ではないとは思っていたので厳しいやり取りは覚悟の上でした。事前説明はあったものの、紙面ではなかなか理解できないこともあるものです。やってみて初めて不都合を実感する、よくあることですね、今回もその例です。

ことは交通規制の変更、最終的には公安員会の理解が必要な事項、担当官の慎重になるのは理解できるところです。しかしながら、百パーセント理解して“”さようですか“”とはいかない事情が地元にはあるのであります。

ということで、お互い押したり引いたり、結局は納得できる“”絵“”を描いてそれを基に詰めることになりました。ことは人の命に関わることにもなります。国、県そして仙台市がその責任を意識しながら地元の声をどうしたら実現できるか真剣なやり取りができたと思います。結果を楽しみにしたいところです。

選挙用ポスター、関係書類用のデーターの印刷所への伝達、今後の進め方の打ち合わせと隙間の無い予定が続き些かオーバーヒート気味でした。流れは良いので体調管理が今必要です。ちょっと休んで汗を流して気分爽快、そのまま中学校支援地域本部会議に突入。参加者全員にご発言を頂き、総会は無事終了。いよいよ活動がスタートしました。

地方教育法が改正され今年度から、新教育長と市長主催の総合教育会議が設けられました。教育員会の機能低下、否、機能向上のための改正です。支援地域本部の取り組みに代表される地域を挙げての動きとと同時に行政を挙げて教育に取り組もうというこの試み是非成功させたいものです。

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map