今日も充実、報恩感謝。

大震災被災者の最後の疑問の詰めを当局幹部と行いました。制度の隙間に陥った被災者がいかほどの数になるのか、救済が受けれる受けれないは大きな違い。制度設計の大事さを改めて痛感しました。後援会事務所に戻りお手つだ頂いている皆さんにご挨拶、差し入れ頂いたづんだもちで暫し歓談、良い感じです。

駅東関連で幹部が来訪、用意いただいた図面で啓発活動を開始いします。これは議員としての公務です。安保法制、違憲という意見を数で圧倒しようという動きがあるありますがさてさて。自分の身は自分で守る主義の私は戸惑うばかりです。自分の家庭を守るのが原則でしょうにね。

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map