今日も一日

三時半起床、五時の会合からスタート、実践倫理宏正会、青年の演壇は刺激になります。且つ、日本の現在、将来を担う青年たちを頼もしく思います。立国は私なり、公にあらざるなり(福沢諭吉 痩せ我慢の説)、ここに人物が育っている。

6時半蒲生野球場到着、清々しい大気の中で、少年野球開会式までに時間、読みかけの本のページを繰る、何と気持ちの良い空間か。大震災の被害から再整備された海岸公園、野球場、テニスコート、避難場所を兼ねた筑山、築山の頂上からは西に仙台平野その向こうに中心に林立するビル群そして更にその向こうには、奥羽山脈、蔵王廉王の残雪が白く輝いています。

目を東に転ずれば、旭日に輝く太平洋、水平線は春霞に曇って空と海の境は茫々としてそのまま宇宙に繋がっているかのようです。速めに来て良かった、道すがらコンビニで求めたコーヒーの美味いこと美味いこと、ともするとワンパターン化しがちな日常の再点検のヒントを得たような気分です。

昼を挟んで、会合が目白押し、オートバイに乗り換えて、東五番丁を3軒会場を掛け持ち、2筋隣の二番丁通りでは、羽生弓弦選手の凱旋パレードが行われている時間です。国の内外から10万人を超えるお客様の予想、地元の人は只管日常をこなす、淡々と、これで良しです。

夕方二件、区剣道協会総会、親睦ゴルフ大会の反省会、人との触れ合いに大切さを改めて実感しました。交わす会話の中かから、今まで目に見えなかった、気づかなかった課題がどんどん見えてくる、目が肥える、目利きになる、こんな状態を言うのでしょうか。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map