今日も一日、良い日でした。

このところ良い天気が続きます。関東では水不足が懸念されているということです。さて、午前中は地元で市政報告会の打ち合わせ、お世話人の皆さん快く集まって頂きました。

皆さん一人ひとり、それぞれの生活を持ちながら地域の重要な役目をになっておられる、その上私の活動を支えて下さる、誠に有難いことです。心に刻み、更に一歩。

午後からは足を延ばして塩竃神社まで、塩竃神社講の一つ“”仙台千人講“”の世話人会です。春第三日曜日に千人講の祭典が再興されます。今回はその反省会と言う位置づけ、いろいろな意見が活発に交わされました。ここでも後継者の養成が主なる話題になりました。

なかなか名案が出ないのは、何処も同じです。現代の共通の課題、とでも言うべき大きな問題ですね。先ずは、パンフレットを新たに作成し、日々呼びかけをすることになりました。会議の前に正式参拝をすることが神社界でのしきたりです。

今回も神主、講長を先頭に一列に隊を組んで境内地を進みます。志波彦神社、塩竃神社別宮、本宮と玉串を奉奠します。境内地には途切れなく参拝者が行き交います。珍しく和装の新郎新婦が家族と共に記念写真を撮っていました。思わずパチリ。

若い参拝者が目立つ、神社で見かける普通の光景になりました。神社の御講の持続可能性はここにあると思います。如何にアクセスして関心をもって貰うか、知恵と汗をかくところです。

夜は八時開会の市政報告会、一時間の予定が一時間半を優に超えてしまいました。参加した皆さんは青壮年の方々、勤務を終えての参集です。よほどお疲れのことでしょうに、有難いことです。欠伸を噛み殺しながら聞いていた人も。意見交換が始まると姿勢を正し、聞き耳を立てているのが分かります。

最近投票率の低下傾向の歯止めがかかりません。この原因は決して有権者が政治に関心がないことだけでは無いと思っています。選挙と政治は本来熱くなるもの、有権者に“”火をつける“”発火装置に工夫が必要です。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map