今日も一所懸命 公運審

公運審、公民館運営審議会、諮問に対する答申のいよいよまとめに入りました。仙台市内にある市民センターの運営の元締め、」生涯学習支援センターの在り方に対する諮問です。

これから三回時間を費やして丁寧な審議を進めることになりました。時間をかけることは大事なことです。どう生かすか、ここに視点は移っています。言いたいことは、諮問で終わらず、諮問を承けた関係者が、諮問を生かせるような分かりやすい具体的な文言を心掛けたいと思っています。

終了後は、政務調査活動。広報が勝って意見をお聴きする時間が少なかったかもしれません。でもでも、」お伝えしたいことが一ぱいあるのです。一人ひとりの生活に関わること、知らなかったでは済まされないこと。自己責任なんですけど、本来は。

でもそうは言えないし言ってはいけないし、とことん伝え伝えてさらに伝えて、結局は共に悩む、この繰り返し、厭いません、決して無駄なこととは思いません。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map