今度こそ

視察続行、大阪市役所、大阪府、それぞれ国家戦略特区、防災関連施設を訪問しました。土地に其々に歴史あり文化あり様々な価値観、視点が存在します。

まちづくりもその上に成り立っていると考えれば、アイデア、手法を持ち帰りそのまま雛形として自分の住む土地に移すことは難しいと思います。

私たち自身が自分自身のよって立つ歴史を知っているか、当然にように繰り返す日常の生き方、文化を深く愛し守り後世に伝えようとしているかが、とても大事なことのように思えように思えます。

郷土を愛する心があるか、先祖先輩が築いて伝えてくれた、歴史文化を守り磨いて後世に伝える気持ちがあるか、省みて仙台市にその取り組みが十分にあるか、砂上の楼閣にならぬようしなければなりません。

場当たり、小手先、その場凌ぎでは良い仕事は出来ません。三十年前になりますか、インテリジェントコスモス構想が盛ん喧伝され進められました。大学にある研究者が育てている産業の種を地元仙台で東北で花開かせようという試みはいつの間に消えてしましました。

実に勿体無い話でした。今度こそこの機会を生かして、政治の気まぐれに左右されずに、深くしっかりと地元に根差した取り組みにして行きたいものです。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map