今はもう秋、朝夕涼しくなりました

宮城県護国神社での慰霊祭、受付を済ませ社殿に向かい拝礼してそのまま市中に戻りました。護国神社に至る道は車が数珠つなぎ、オートバイ利用は正解でした。観光客が増加し“”天守台“”一帯の賑わいは年毎に増してきて結構なことです。交流人口2300万人達成も視野に入ったとのこと、是非多くの方々に訪れて頂きたいものです。中学生のころ、この急坂を一気に下ったことが夢幻のようです。

東北大学工学部構内を駆け抜けて、定禅寺通り経由仙台市役所へ、12時近い時間でしたが議会正面の出席確認名盤は全て消灯で私が本日最初の登庁、珍しいことです。会派の鍵を借りて入室をすると有難いことに冷気が程よく噴き出していて早速仕事に取り組むことができました。

庁舎正面に掲揚されている国旗仙台市旗は弔意を示して半旗になっています。12時ちょうどテレビ画面に正対して、一分間の黙とうをささげました。市庁舎内のアナウンスでも職員市民に黙とうを促していましたがまことに結構なことです。長く続いた革新市政、この間国旗が掲揚されなかったことを知っているものとして、隔世の感と言うか正常化が行われたことに感慨深いものがあります。地平を開いた今は亡き先輩議員に敬意を表したい。

文化観光局、総務局関連の仕事を終えて帰宅、パソコンに向かってメイルチェックで今日は終了。里帰りをしていた娘と孫たちが明日は帰宅するということで、慣れないながら孫のお相手をして時間を過ごすもなかなか幼児と言っても手強いもの、結構真剣な対応が必要です。“”目線が大事“”と言うことですね、馬鹿にできません。週も明け、お盆気分も今日まで、心機一転秋の陣に向けて出発しましょう。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map