人生はドラマ

午前中研修会に参加、五人の皆さんの体験談を聞くことができました。男性四人、女性一人、皆さん子育ても終わり自分の仕事をしながらも社会貢献に力を入れている方々です。

病気を克服した人、子育て中に会社を倒産させどん底から這い上がって再び立ち上がった人、母としてで多くの子に恵まれながら子供たちの故性差による育ちの違いの中での苦闘しながらも見事に仲の良い兄弟に育て上げたお話し、ほかの予定を変更してもお聞きしたいと思わせる内容でした。

当に一人一人に人生は、ドラマ、小説よりも奇なり、です。根底に流れる真理は、まず自分自身を信じること、あきらめない、そして現実大肯定、困難から逃げずに真正面から取り組むことです。家族の絆も大きな力を発揮します。

似たようなケースはあっても、同じ人生は、無い。自分自身がこの世の他にない人生という織物を毎日少しづつ編んでいることを実感しました。自分では気づかないこと、学びの場を設けることの大切さを実感、そして万象すべて我が師、ですね。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map