忘己利他

帰宅しました。まるで夏の夕暮れの中にいる気分、6月梅雨の時期に入ったばかり、夏はまだ早い、と思うのはカレンダーの日付けに囚われた、いわば固定観念の為せる業ですかねェ。時代は、地球温暖化、いろいろな前線が北上している時代です。

そう言えば、仙台は寒冷地対応が外されてたと聞きました。財務省の見直しで、ストーブの設置面積が、4平米分、学校の新築増築の際、除外されたそうです。色々問題を起こしている財務省、この辺はしっかりしていますネ。

削るのは誰でもできる、内容の充実にその、優秀な偏差値頭、使って欲しいです。借金しても子供たちの教育には惜しみなく手当てをする、この感覚が何故ないのか、情けない。財政規律は大事ですが、角を矯め結局牛を殺してしまうことにならないようにして欲しいものです。

菩提寺の写経教室を訪問し、地区の防犯協会の総会に出席し、最寄り駅で出張の切符の手配等々、沢山の人と触れ合い、会話し時には議論をし、譲り、譲られ、教えられ、日本人の真面目さ、天知る地知る己知る、の実践を目の当たりにした一日でした。

国会で政治家がバカやっていても、中央官庁の役人がいい加減をしていても、天の下、民は竈の火を絶やすことの無いようにように黙々と努めています。。忘己利他、本来政治と行政の目指すものであるはずです。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map