予算審査特別委員会開会中

審査も峠を越える頃、市長にとっては初めての予算審査、大変だろうとその心中、慮ります。油断してよそ見をすると叱られますからね(◎_◎;)、委員を務める議員はそれは真剣に問題点を指摘しその解決を訴えている訳ですから。正対して聞くべきです。

市民生活は百般に関わる、国政の在り方に関わるのは、至極当然です。“”安全安心の確保“”は国市繋がっています。この点が分からない国会議員が多すぎです。その一群にの混じって活動していた前歴のある、郡市長だけに、信頼感を醸成することに人一倍気を使い汗を流さな目ればならないのです。

このままでは、信頼感が醸成できず、仙台市民に貢献できぬ間に、改選期が来そうです。覚悟を決めて立ち位置を決め、スターダッシュで勢いをつけないと、そんな思いで自席から見ています。

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map