世界遺産

20150509

ユネスコ登録も良いですが、我が国独自に先人の成し遂げて下さった遺産を残す事業も必要でしょう。もういい加減に“”自虐史観“”は返上しましょう。

 

東海新報さん、からの引用開始☆★☆★2015年05月08日付

 

「明治日本の産業革命遺産」が世界文化遺産となりそうなのは、単に文化財、観光資源とし て脚光を浴びる効果だけではなく、日本人が日本の来し方をふり返るいい機会になったという意味でも喜んでいい▼大型連休最終日の6日は、まさに「薫風香る 5月」という表現がぴったりの実に爽やかな日で、会う人会う人が口々に「いいな、いいな」と心から澄んだ空気と新緑の美しさを堪能していたが、それだけで なく、この日のプレゼンターは別の朗報ももたらしてくれたのである▼明治時代というのは政治的な夜明けだけでなく、産業、文化その他に革命的な発展をもた らし、日本人の持つ本質的な活力を世界に示す金字塔を打ち立てた時代でもあったが、そんな先人たちの労苦を知るよすがが時代と共に薄れていき、敗戦によっ て戦前だけでなくそれ以前の時代までを否定する傾向がさらに拍車をかけた▼だが、明治という一大転換期を迎えた先人たちの、世界に追いつき追い抜けという 気概はとんでもない産業革命を起こしていたことが、残された記念碑の数々によって証明されたのである。8県23資産に及ぶ登録は、広範囲に点在する複数を 一括推薦する「シリアル・ノミネーション」という独特なもので、釜石市の橋野鉄鉱山・高炉跡も含まれることになったのはそのおかげもあった▼明治政府の富 国強兵策が製鉄や石炭採掘、機械製造技術などの興隆を促した一面はあったにせよ、まさに産業革命が澎湃として起こったそのエネルギーを見直す好機である。

 

引用終わり。

 

東海新報 世迷言さんに 賛意

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map