三日会わざれば刮目して見よ

「男子三日会わざれば刮目して見よ。」一泊二日の合宿審査会、幼少の道場生、閉会式に臨む姿は本当に立派でした。日頃の修練があっての一泊二日の成果ではありますが。会場から去る道場生そして保護者に代表師範と一緒に立ち労いの“”押忍“”、応える道場生も元気に“”押忍“”

一仕事をやり遂げた満足感溢れる道場生に笑顔は頼もしく、これからが楽しみです。男児、女児。日本人であるということを忘れず本籍は日本国ということを肝に刻み、決して無国籍の怪しい根無し草にならぬことを切に願います。

教育は家庭そして学校ばかりでは間に合いません。社会全体で支えあい連携することがとても大事です。先ず大人がしっかりしなければ話になりませネ。極真会館宮城県本部道場のような修練の場が市内県内には沢山あります。それぞれ奮闘して頂いている指導者御存在を政治行政は忘れてはなりません。そして支援を惜しんではなりません。

PhototasticCollage-2015-11-23-09-22-41

 

IN: 言葉

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map