七夕三日目 最終日

七夕三日はとうとう雨になってしまいました。台風の影響かこの三日間雨雲の流れが偏性風に流されて西日本から東北の日本海側青森を経て北海道東部と流れていました。それが南下してとうとう宮城県を直撃した形です。

東北の夏祭り、ネプタ、竿灯、花笠そして七夕と雨の影響を受けてしまいました。参加する側も迎える側も残念なことでしたが、花に嵐はつきもの、自然のなせる技と達観して楽しむのも一興かもしれません。

市庁舎南にある市民広場から聞こえるイベントのざわめきを耳にしながら興も午後から議会で仕事です。経済局地域経済支援、健康福祉局から社会福祉協会関連について夫々レクチャーを受け質疑応答の時間に費やしました。

社会福祉協議会については一知半解の状態でした、何回かに分けてのレクチャーで経験知識が整理されてかなり理解が進んできた感じがします。 夕方六時市庁舎を離れてメデイアテークまで、市立図書館で訪問、利用状況の観察をしました。子供連れも目立つ館内、貸出カウンターは途切れなく利用者が訪れ貸本業務は盛況です。

大分県武雄市の話題の図書館を視察して強烈なカルチャーショックを受けている身としてはもっともっと利用される図書館になってほしいと思うのですが、提案し実施された市民アンケートををどう分析し生かすかがこれからの仕事ですね。

すっかり日が暮れ雨に濡れた定禅寺通りを抜けて自宅に向かいます。七夕も終わり、間もなく旧盆を迎えます。仙台も間もなく秋一色の季節を迎えます。

研修で青森に向かう途中のパーキングエリアで目にしたリンドウの花、秋の象徴です。

20140808_160842000_iOS

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map