一隅を照らす

午前中は、仙台市公民館運営審議会の委員としての公務、太白区富沢市民三沢センターでの市民活動の視察とヒアリング、午後からは宮城町芋沢、大國神社にて教主様のご講演、そして太白区に戻って実践倫理宏正会仙台南支部での勉強会、と仕事を兼ねながらも自己研鑽にも資する良い機会を与えて頂きました。

外見の形は違いますが、地域のために献身奉仕、心の世界で悩める人々、迷う人々を救い導くそのためにはと自分の心身を極限まで研ぎ澄ます、死をも覚悟の修行を毎日続けておられる教主様、そして青少年の健全育成と日本を興すことを目標にそのためには先ず自己研鑽からと毎朝未明から起き出して勉強会に参加する方々、人生万象皆師を文字通り実感する一日になりました。

公務に携わる人々は献身奉仕が当然の毎日であるはずです、特に議員の立場の人は率先して範を示さねばなりません、と私は思っています。今日は、自分自身これで良しの、増長曼の芽を打ち砕くことが出来ました、少なくとも気づきがありました。感謝です。社会のあちらこちらで、一隅を照らす、人知れぬ献身奉仕があることを心に刻みます。

五省

 

twitterFacebookブログ後援会資料HTML Map